キャンプ用にKEYUCAのカッティングボードを購入

hikining キャンプ
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

引き続きキャンプ用品として調理・焚き火回りのギアを少しずつ買い集めてます。
今一番悩んでいるのがLodgeのスキレットでして大好きなアヒージョやらスパニッシュオムレツの調理が捗る事は十分分かっているのですが、重さとシーズニングの煩わしさで悩んでおります。

そんななかキャンプ用にカッティングボード(いわゆるまな板)が欲しくて色々探してました。

epiclurean
一番最初に検討したのはepicurean社のハンディボードでした。
雑貨屋さんで頂いたチラシによるとアメリカのエピキュリアン社は元々スケートボード場のスロープ等を製作していた会社でしたが、いつの頃からか環境に優しい天然木の繊維を合成した素材を使った調理器具の販売を始めたとかなんとか・・・。
商品自体のデザイン性も質感も高く、重量も軽く、何より持った感じがしっくり来たので本当に購入寸前でしたがキャンプ用と考えると予算オーバーのため泣く泣く諦めました。

で、気持ちを切り替え木製のカッティングボードに絞って様々なショップを探しまわりました。

ニトリ
最初に訪れたのがニトリ。ニトリもキャンプに使えそうなアイテムが結構揃ってるんですよね!
自宅ではニトリで購入したアカシアのサラダボールをかなり愛用しておりまして、同じ様なカッティングボードを探しに行って参りました。

ニトリのこちらの商品ですが、幅35×奥行15×高さ2cmで約740gで916円でした。
やや重く感じたのともう少しだけ小さい物が欲しいと別のショップへ赴きました。

無印良品
次に訪れたのは無印良品です。

無印良品のカッティングボードはラバー材(ゴムの木)製で幅22×奥行15×高さ2cmで店頭価格は1490円でした。アカシアに比べると白っぽい色味は自分好みでしたが、口コミで洗った後に表面が毛羽立つとの声が有ったのでこちらも断念しました。

KEYUCA
最終的に私が選んだのがKEYUCA製でした。

KEYUCAカッティングボード1
切り傷がついて大分味が出てきました。
KEYUCAカッティングボード2
裏にはKEYUCAの刻印も

KEYUCAのカッティングボードもアカシア製で幅28×奥行14×高さ1.5cm 260g(筆者が実測した値) で今回探した中で一番軽く感じました。BBQのみならず普段使いもしておりますがスポンジで洗った後も毛羽立つような事は無く普通に使えております。
天然木を使っているので1点1点風合いが異なりますが濃いめの色合いも気に入っていてオピネルのナイフと共に長い付き合いができそうです。

IKEA
で、先日IKEAに買い物に行きましたら、セールだったのかもしれませんが、何と599円でゴムの木製のカッティングボードが売られてました。これにしても良かったなーと少しだけ後悔しております。キャンプ用品等検討される方はIKEAもチェックされると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました