ユニフレームのミニロースターで餅を焼いてみた

キャンプ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

題名の通りなのですが、キャンプやBBQでパンなんかを軽く炙ったりするのに役立つかもしれないと思いユニフレームのミニロースターを購入しておりました。

先日鏡割りの際に使ってみようという話しになったのでSOTOのST-310を使って実際に餅を焼いてみた時のレビューです。

画像は使用後ですが、こんな風にコンパクトに収納出来ます。

組み立てたところです。上網(網部)と下網(メッシュ部)の付け外しが慣れるまで難儀しそうですが、しっかり固定されて安定感は有ります。

SOTOのST-310に載せた画像です。サイズ感もよくこちらも安定感がありました。

で、画像はないのですが一個目の餅を焼いた時は数分程度目を離しただけだったのですが真っ黒に焦げてしまいました。「炎」を「熱」に変換してくれる特殊耐熱網メッシュの威力が想像以上でして、説明文にも書いてましたが必ず弱火で目を離さずに使用しないといけませんね。

先程も書きましたが、上網と下網の取り付けが少しだけ難しいのと、ST-310と組み合わせて肉を焼いた場合は油などが垂れてしまいそうなので私の場合はパンを炙ったり缶詰を暖める程度の使い方になりそうです。

ー追記ー
もう一度餅焼きトライしてみました。最初から最後まで弱火でじっくり焼いたところ無事に成功しました。これからもちょこちょこ使っていきたいと思います

ユニフレーム ミニロースターで餅焼き
弱火でじっくり焼き上げました

以上、ユニフレーム ミニロースターのレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました